ダイエットの間違った方法と正しい方法

ダイエットというと多くの人は簡単にそして早く痩せる事が出来る方法を選びがちです。
しかしそれは人間の身体にとってとても負担になるもので場合によっては様々な問題を起こす危険性があります。
たとえば食事を過剰に制限するダイエットの場合、当然食事の量を減らしているので痩せる事はできますが一時的なものです。
ある程度体重が減ると身体は危険を感じて脂肪の燃焼を弱めるので体重も減りにくくなります。
ここで止めておけばまだ問題はありませんが、そこでもっと食事を制限したり最悪食べたものを無理矢理吐いたりなどの行為を行う人もおり、結果拒食症を引き起こす原因になってしまうのです。
また最近では飲むだけで簡単に痩せることの出来るサプリメントやダイエット食品がありますがこれも注意が必要です。
飲むだけで、食べるだけで痩せれる物のほとんどは人工的に食欲を減らして食べる量を減らしたり、激しい下痢を起こさせて体力を消耗させたり、無理矢理代謝を上げて1日中運動をしている状態にしてエネルギーを消費させたりなど身体に負担が掛かる方法で痩せさせるのです。
ダイエットとは「健康や美容を保持するために食事の量や種類を制限する」というのが本来の意味です。
なのでダイエットは体重を減らすだけが目的ではありません。
規則正しい生活をして、食事も野菜やお肉、お米などをしっかり食べてスナック菓子などは控えるというのが健康的な方法であり正しいダイエット方法になります。
また運動も普段行っていない人がいきなり過激な運動を行うと身体を壊しやすいのでまずは10分程度外を歩いてみたり仕事などに行く際にいつもより少し多めに歩くなどの少しの工夫で十分です。
またダイエットには十分に時間をかけて行いましょう。
短期間で痩せるというのは身体に負担をかけてしまい、健康を保つことが非常に困難になりますので、自分のペースでゆっくり行うというのもダイエットにはとても重要なことなのです。

代謝を上げて身体に無理なくダイエット

Through the Backyards

短期間で急激に体重を減らすダイエットは身体に無理がかかり過ぎて健康に悪いです。
たとえダイエットに成功はしても美しく見えないことがあります。
なるべく身体に無理をかけずに少しずつ期間をかけて体重を減らしたいところです。
そんな体重を減らすには代謝を上げると良いと言われています。
代謝を上げると脂肪が燃焼しやすくなります。
同じ食事をとっても太りにくい人、太りやすい人に分かれるのは代謝に差があるからです。
太りやすい人はリバウンドもしやすいので注意が必要です。
代謝は年齢を重ねるごとに落ちてくることが多いのですが、代謝を上げる方法があるので大丈夫です。
その中の一つに筋肉トレーニングを行って筋肉量を増やすと言う方法があります。
身体に筋肉が増えると代謝が上がりやすいです。
無理な食事制限を行うと体重と一緒に筋肉量まで減ってしまうので、代謝が落ちてしまいます。
ダイエットを実践するときは筋肉トレーニングも一緒に実践してなるべく筋肉量を落とさずに脂肪を減らすことを目指すのが大切です。
その他にも柔軟体操を行うと代謝が上がりやすいです。
身体が疲れてきて筋肉がこってくると血液やリンパの流れが悪くなり代謝が落ちやすくなります。
そこで柔軟体操で筋肉をほぐすと血液やリンパの流れが良くなり代謝が上がりやすくなります。
あまり無理に行うとかえって身体を痛めかねないので注意が必要です。

Espresso Zilla